フリーターの難問!クレジットカード審査について

クレジットカード審査の必要性と内容について


クレジットカードは、カード会社に一時的にお金を立て替えてもらうことで買い物ができるというカードです。そのため会計時には、手持ちの現金を出さずとも、クレジットカードを清算機に通すだけで、商品を手に入れることができるのです。立て替えてもらった金額は、後日まとめてカード会社に支払うことになります。
一時的にとはいえ立て替えてもらうわけですから、後日支払うまではお金を借りている状態になります。そのためクレジットカードを利用することは、ある意味借金をすることだと言えるのです。

クレジット=借金は信用がある人しかできない

借金ですから、申し込みをするとキャッシングやカードローンと同じく、審査を受けることになります。審査内容も似通っていて、主に職業や収入について調べられます。
具体的には、まずはどのような職場でどのような形態で働いているかです。勤続年数の多いサラリーマンや公務員ほど、審査で有利になります。派遣社員やフリーターはやや不利で、落とされてしまうこともあります。
収入は、職場から支給されている金額だけでなく、住宅ローンや家賃の金額などを差し引いて、手元に十分に残るかどうかもチェックされます。十分に残らなければ、カードショッピングに使ったお金の支払いが困難になるとみなされるのです。

フリーターやアルバイトには厳しめのハードル

もちろん、過去に金融事故を起こしたことがあるかどうかも調べられます。債務整理や自己破産などをおこなっていた場合、その事故情報が消えるまで数年間は、審査に通ることができません。
このようにクレジットカード審査は、やや厳しくおこなわれているのです。しかし中には審査が厳しくなく、職業や収入のない専業主婦でも利用できるクレジットカードもあります。クレジットカードを申し込む際には、自分の職業や収入について改めて考えてみて、審査に通る可能性が高いものを選ぶ必要があります。”