キャッシングとクレジットカードについて

フリーターなら経験ある? キャッシングの掟

キャッシングとは、金融機関からお金を借り入れすることです。
そしてクレジットカードは、現金を使わずとも買い物などの支払いができるカードです。
買い物をした代金は、金融機関またはカード会社が一時的に立て替えます。
それを後日、まとめて返済するわけです。
返済するまでは借金をしている状態なので、そういう意味でキャッシングとクレジットカードは同じようなものだと言えます。
ですからどちらも、最初の契約時に経済力に関する審査がおこなわれるのです。
だからこそ、私はキャッシングにも抵抗を凄く感じていました。

キャッシング=クレジットカード=借金という現実

クレジットカードもキャッシングも、誰かに立て替えてもらったものです。すなわち借金。
借金である以上、必ず返済しなければなりません。
返済は経済力がなければおこなえません。
そのため収入の有無やその継続性などがチェックされるというわけです。
僕のようなフリーターには厳しい現実です。

キャッシング機能がセットになったクレジットカードがある

一般的にキャッシングもクレジットカードも、それぞれ別に申し込んで契約する必要があります。
しかし昨今では、キャッシング機能がついているクレジットカードも発行されています。
クレジットカードの契約をすれば、そのカードを使ってキャッシングも利用できるのです。
それぞれ別個に申し込み手続きをする必要がないので、非常に便利です。
もちろん返済も、カードショッピングをした代金と一緒に口座からの自動振替でおこなわれます。
別個に返済手続きをおこなう必要はありません。
デパートやスーパーやレストランなど、現在は様々な店でクレジットカードによる清算ができます。
タクシーの料金ですら、クレジットカードで支払うことが可能です。
しかし中には、現金でなければ支払いができない場合もあります。
小規模の店舗や自動販売機などがそうですし、またお祝い金や香典などは原則現金で渡すものです。
クレジットカードがあれば基本的に何でも購入できますが、現金の出番も多いのです。
そのため、カード払いも現金払いも可能であるキャッシング機能つきのクレジットカードは、今の時代にピッタリの便利なカードであると言えます。