フリーターでバンド活動中の私が持てるクレジットカード

フリーター自称ミュージシャンとクレジットカードの出会い

私とクレジットカードの関係について

私はそれまでクレジットカードを持っていなかった。その時のことを書いてみようと思う。
というのも私はフリーターを続ける売れないミュージシャンで、クレジットカードを持つことに抵抗を感じていたからだ。
いまではその時考えていたことを逐一思い出せる。
そしていかに私がクレジットカード おすすめという評価になったのかを書いていこうと思う。

クレジットカードとデビットカード

クレジットカードと似た部類に属するデビットカードと呼ばれるものは持っているのだが、そちらもあまり使う機会はない。
ちなみに、そのデビットカードとクレジットカードとの違いは何かというと、デビットカードは銀行などに入っているお金をその場で即支払うことになる即時払なのに対して、クレジットは料金の代金をとりあえず会社側が立て替え、あとで、消費者が支払うことになる後払い制になっている。

クレジットカードの後払いが気に入らない

この後払い制の方法もたくさん有り、一気に支払う一括払いや決められた額をコツコツと返していくリボ払い(昔CMでよく『リボッ』って言ってたよね)、自分で決めた分割方法で支払うことになる分割払いなどがある。
その他にも、クレジットの種類として、ビザやマスターカードなどが挙げられる。
更には、使う額によって、シルバーカード、ゴールドカード、ブラックカードなどの私にはとても手の届かないカードたちも世の中には存在している。

クレジットカードを持つことに恐怖を感じていた

どちらにせよ、私は使うことに興味を持てない。
なぜかという理由はいくつかあるのだが、その1つに実体のないお金を使うことの恐怖を感じるからである。
実際には手元にはないお金を使うことは怖いことだと思う。
給料が入るから大丈夫とか来月の給料をほとんど使ってしまったとか言う人をたまに見かけるが、その憶測は本当に大丈夫なのかと思う。
月給がしっかりと決まっている人ならまだ良いかもしれないが、フリーターのように毎月決まった額をもらえるとは限らない人が、来月さらにはその次を当てにしてクレジットを使用するとはいかがなものだろうか。
そして、それはクレジット会社としても望んでいることではないと思う。
使うのであれば、計画的に。
本当にそのとおりであると思う。

今の感想

そんな私が、クレジットカードを持ったのだから、奇妙なものだ。
フリーターでも海外旅行をすることはあり、その時、クレジットカードの大切さを知った。
それからいかにクレジットカードを持つのが日本では簡単で、海外では難しいのかがわかった。
いまではすっかりクレジットカード信者だ。
このホームページではこれからこのことにすいて考えていこうと思う。

最新記事